アーモンドお酒を飲んでの運転、その危険性は誰もが知っています。それでも、いまだ毎年数多くの飲酒運転による交通事故が発生しています。今では、飲酒をして運転した当人だけではなく、その同乗者や飲酒に関わった方にも罪が科せられることをご存知でしょうか。最近では居酒屋等でも啓発ポスターをよく見ますのでご存じの方も多いかと思います。
ですが、その同乗者の罰則を含めた飲酒に関する罰則、全て把握されている方は少ないでしょう。それら罰則を簡単にまとめてみましょう。
まず、当事者に関しては飲酒量によって罰則が変わります。呼気中のアルコール濃度0.25mg未満で違反点数13点、3年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金です。濃度0.25mg以上では違反点数が25点に変わります。そして具体的な数値例はないのですがそれ以上の飲酒と判断されると、酒酔い運転として、35点、5年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金になります。
そして同乗者等の罰則です。これは同乗するだけではなく、運転する予定の人にお酒を提供したり、勧めたりしても含まれてしまいます。送迎をお願いするのも駄目です。罰則は、酒気帯び運転で免停処分と2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金。酒酔い運転で免許取り消しと3年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金です。
もちろん罰則も怖いですが、事故で起きる不幸の方がより恐ろしいものです。飲酒後の運転は、絶対に止めましょう。